太陽光発電を施工する会社選び

太陽光発電を設置しようとしても、自分で取り付けることはなかなかできませんよね。
よほどDIYに自信のある人ならまだしも、一般人が太陽光発電システムを屋根に設置しようというのは、まず無理です。
やはり、太陽光発電システムを設置するには、専門の会社に依頼するのが、現実的な方法です。
自治体によっては、自作の太陽光発電システムを自分で設置した場合、補助金の対象外となることがほとんどです。
補助金を受けるためにも、施工会社に依頼するのがいいことでしょう。
しかし、そういった施工会社というのはたくさんあります。
そういった場合、どういったことを基準に会社を選べばよいのでしょうか。
まずは、施工実績です。
太陽光発電システムというのは、電気機器ではあっても、家電とは大きく異なります。
家電というのは、売っている商品を持って帰ってきて、それをコンセントに差し込めば、すぐ使えます。
ところが、太陽光発電システムの場合、そうはいきません。
屋根に設置する太陽光発電システムは、屋根の形により必要な枚数、形状が大きく異なります。
いわば、太陽光発電システムは、オーダーメイドの電気機器とも言うことができます。
太陽光発電というのは、何十年も使用していくものです。
家も施工実績を重視して選ぶ人も多くいます。
それならば、太陽光発電システムだって、同じくらい実績重視で選んでも良いのではないでしょうか。
ここで誤解をしがちなのは、太陽光発電システムを製造しているメーカーと、実際に設置をする会社というのは異なるということです。
よくパンフレットなどで「10年保証」と謳っているのも見かけます。
あれは、メーカーの方であり、実際に施工をする会社の保証ではありません。
実際重要なのはむしろ、施工する会社による保証です。
手抜きや未熟な工事により、雨漏りをしたり、屋根が壊れた場合、メーカーでは何の保証もしてくれません。
もちろん、そういったことを起こさない確かな実績がある会社が理想ではあります。
しかし、万万が一のため、保証のある会社を選ぶのがいいでしょう。