災害時でも電気が使えて安全・安心な太陽光発電のススメ

太陽光発電システムの最大のメリットは光熱費節約ですが、それ以外にも非常に大きなメリットがあります。
それは災害時に停電しても電気が使えるという点です。
通常なら電力会社から電気が供給されないと電気は使用できないため、地震などで停電になると電気が一時的とはいえ供給されなくなります。
その点、太陽光発電は自家発電が可能のため停電時でも使用することができます。
停電からすぐに復旧すれば生活にそれほど支障はきたしませんが、長く復旧しないとなると生活に支障をきたしてきます。
加えて電力不足による停電の際にも太陽光発電は活躍します。
計画停電の際は嫌でも電気が供給されなくなるので困りますが、太陽光発電があれば自家発電によって住宅の電気をまかなうことができます。
災害時にも電気が使えるというのはとても安心ですね。
太陽光発電のメリットして最初に挙げられるのは節電という点ですが、災害時の生活を支える役目も持っているのです。
オール電化と同時使用することで太陽光発電はさらにその機能を発揮します。
ガスと電気を併用していると、売電システムはあるもののせっかく発電した電気を有効に使うことができません。
それにオール電化にすると災害時に火災が発生する危険性がないため安全です。
オール電化と太陽光発電を設置し、ガスをやめて電気に一本化することで効果的な節電を実施することが可能となります。
太陽光発電によって発電された電気をオール電化によって効率良く使用する、これが今の節電環境としてはベストだと思います。
設置に費用がかかるから導入を悩んでいるという方も多いと思いますが、太陽光発電は長期的に使用することが可能ですし使えば使うほど光熱費が削減できます。
導入費用を取り戻してなおかつ使用し続ければ必ず家計にとってプラスになります。
太陽光発電システムを導入するなら早めの方がいいですし、いつ起こるか分からない災害に備えて早めの設置を検討してみましょう。

Comments are closed.