新潟で災害に備えるための自家発電

新潟で災害に備えるなら、太陽光発電を導入したいものです。
電力会社からの供給がストップしても、自家発電ならば備蓄した電力の使用が可能となります。
2012年になってから、太陽光発電は急激に普及し始めており、一般家庭だけでなく、企業やコンビニなども積極的に導入するようになりました。
新潟で太陽光発電の導入を考えるなら、まずは補助金について確認しておきましょう。
新潟県の補助金については、現在は利用できません。
新年度の補助金概要が提示されるまでは待ちの状態です。
補助金情報が入手できてから導入を考えるといいでしょう。
上限数が決まっている場合は、急がないと打ち切りになってしまうので注意が必要です。
詳細については、太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)で確認できます。
太陽光発電の最大のメリットは、余剰電力買取制度かもしれません。
この制度は、自家発電をして余った電力を買取ってもらえるものです。
売電価格は、年々下がってきておりますから、太陽光発電を導入するならば早いほうが有利ということです。
太陽光発電を導入すれば、昼間に自家発電が可能となります。
夜間は発電できないので、電気を購入する必要がります。
電力会社により、夜間の電力消費にお得なプランがあるので活用してください。
太陽光発電の施工を依頼する業者は、十分な検討が必要です。
よい業者と悪い業者が存在するからです。
いろいろな業者を検討して、比較していくべきです。
疑問点については、積極的に質問して解消しましょう。
対応が悪い業者とは、最初から契約するべきではありません。
あとあとトラブルの原因になるだけです。
契約内容も把握しておくことです。
太陽光発電の業者の一括比較サイトを利用すれば、同一の条件を指定してベストな業者を選ぶことができます。
お住まいの地域や設置条件などにより、ベストな業者は異なってきます。
万人にベストな業者などないので、必ず一括比較をしてから選ぶようにしてください。

Comments are closed.