太陽光発電システムの補助金

太陽光発電システムというのは、ご存知のとおり、地球に優しい発電方法です。
火力や原子力では、どうしても環境にかかる負荷が多くなってしまいます。
原子力の場合、事故が起こったときの放射能汚染は相当深刻です。
火力の場合、燃焼にはエネルギーを必要とします。
現在、そのエネルギーというのは化石エネルギーに依存しております。
そして年少をする際に、どうしても二酸化炭素が発生してしまい、地球温暖化の一因となってしまいます。
しかし、太陽光発電であれば、それらの心配はありません。
万が一太陽光のパネルが破損しても、環境に与える影響はありません。
発電をする際に、無限の太陽エネルギーを使用しますので、エネルギー資源の枯渇といった心配も無用です。
発電の際に、二酸化炭素も排出せず、クリーンです。
そのため、様々な助成制度があります。
国による太陽光発電システムの補助金制度というのが、まずあります。
条件を満たした太陽光発電システムに対して、補助金を提供すると言うものです。
国だけではありません。
都道府県や地方自治体によって補助金制度があるという場合もあります。
この補助金は、前述した国の補助金と併用することができます。
うまくいけば補助金の両取りというのも可能なのです。
こちらの補助金の場合、年度単位で行うことが多いので、年度末にはすでに予算がないといったこともあります。
ですので、助成金をもらうならば、年度初めに申請をするのがおすすめです。
さらに、売電制度による事実上の助成制度というのもあります。
これは、補助金がもらえるというものではありません。
しかし、売電価格が1キロワットあたり42円という、相場の倍近い価格となっております。
この厚遇が、事実上の助成ということになっているのです。
しかも、このレートは10年間固定されるものです。
通常の電気代というのが、1キロワットあたり22円とされています。
これを売電価格から差し引くと、1キロワットあたり20円というものが、事実上の補助金ということがいえるでしょう。

a-70-9
コメントa-70-9